読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輸入ビジネスで資金ゼロから起業!

せどり、輸入ビジネスで 独立して月商350万円 利益80万円の実績を上げています。その他コンサル等も毎月数名の方に実施。個人起業のノウハウをメルマガにて発信しています。

輸入ビジネスで大型商品の見分け方

こんにちは!rikiです。

 

 

 

輸入ビジネスに限らず、せどりでも言える話ですが、仕入れた商品で自分では「標準サイズと思っていたのが、大型商品だった。」こんな経験ってないですか?

 

 

 

しかも、それが一つだけ大型サイズが混ざっていたら納品するのもためらいますよね(笑)

 

 

 

僕の場合、いつも佐賀の鳥栖倉庫になるので配送料が高くなるので大型を仕入れる時は、ガッツリ仕入れて納品するようにしています。

 

 

 

意外と大きくない商品でも大型商品だったりするので、いつもミスをするときは自分の勘違いがほとんどです。

 

 

 

そこで、仕入れを行う際に大型商品か標準商品かを見分ける方法をお伝えします。

 

 

 

それは、利益計算の時に使用しているFBA料金シュミレーターの出荷作業手数料を確認することです。

 

 

 

この、出荷作業手数料が500円以上の場合、大型サイズとなります。

 

 

 

標準サイズ、大型サイズの手数料↓

SnapCrab_NoName_2016-7-29_11-4-26_No-00

 

 

 

仕入れをする前に利益計算をするはずなので、そのついでに出荷作業手数料も確認することで、仕入れる商品が標準か大型かも見分けるようにしましょう!

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

 

〔メルマガに登録する〕