読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輸入ビジネスで資金ゼロから起業!

せどり、輸入ビジネスで 独立して月商350万円 利益80万円の実績を上げています。その他コンサル等も毎月数名の方に実施。個人起業のノウハウをメルマガにて発信しています。

納品ミスで購入者からありがたいお言葉を頂きました。

こんにちは、rikiです。

 

 

 

先日、ラベル張り間違いによる納品ミスをしてしまいました。僕自身、過去に2度ありましたが、ラベル間違いで納品してしまうと、購入者からの連絡で気づくことが大半だと思います。

 

 

 

今回も、購入者からの連絡で納品ミスが発覚したのですが、その時のやりとりで非常にありがたいお言葉を頂きましたので、シェアしたいと思います。

 

 

購入者

「そちらで○○を購入しましたが、○○が届きました。
amazonの機能では返金しか選択できないのですが、輸入品の為か、現在2016/07/04では購入時とは金額が変わっているために、返金では同額で再購入できません。値段の変動のある商品なのは承知していますが、私の購入時の金額で入手したいので、交換をお願いします。
この機能を使い出品者様にメッセージを送るのは初めてなので、不備も多々あるかと思いますが、対応をよろしくお願いします。」

 

 

「このたびは、 違った商品を発送してしまいまことに申し訳ありませんでした。
現在、○○の在庫が無いため交換ができない状況でございます。恐れ入りますが、返金での対応でお願いしたいと思います。大変申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。」

 

 

 

購入者

「わかりました。では、amazonの方で、返品、返金手続きをさせていただきます。すばやい返答ありがとうございます。」

 

 

 

普通、違う商品を送ってこられると返金手続きも面倒ですし、怒りたくもなると思います。

 

 

 

しかも同じ物を今買うと1000円も値段が上がっているので、交換を望むのは普通ですが、在庫が無いことを受け入れて頂き、購入者の方から対応が良かったという理由で高評価まで頂きました。

 

 

 

ミスは購入者に迷惑が掛かるので、できる限り防がないといけませんが、起こったことに対してしっかり対応を取ることの重要性を今回の件で再認識しました。

 

 

 

失敗って認めたくないので、対応を後回しにしたりとかっていう事もあると思うのですが、結局、早かれ遅かれ対応しないといけないので、素早く行動に移したほうが、早期解決にも繋がると思います。

 

 

 

今回は、購入者の方に救われた形ですが、今後ラベルの貼り間違いには注意していきます。

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

 

〔メルマガに登録する〕