読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輸入ビジネスで資金ゼロから起業!

せどり、輸入ビジネスで 独立して月商350万円 利益80万円の実績を上げています。その他コンサル等も毎月数名の方に実施。個人起業のノウハウをメルマガにて発信しています。

輸入ビジネスで単価が高い商品が良いのか

こんにちは、rikiです。

 

 

 

昨日は単価の低い商品について説明したので、今日はその逆の高単価商品について書いていきたいと思います。

 

 

 

それぞれを簡単に比較すると、

「商品単価が安い」 メリット

安い分、返品などの金銭的リスクが低い

比較的、売れやすい

少ない資金でも可能

 

 

「商品単価が安い」 デメリット

作業量が大変

価格が少しでも下がれば利益に影響する

薄利多売になるので副業にはあまり向いていない

 

 

 

 

「商品単価が高い」 メリット

利益額が大きい

大きな売り上げを確保できる

作業量が少なくてもいける

 

 

「商品単価が高い」 デメリット

返品・売れ残りリスクが大きい

あまり商品が見つからない

やや、商品の回転が悪い

資金が必要

 

 

 

まだまだあると思いますが、だいたいこんなものでしょうか。

 

 

 

個人的な意見としては、高単価商品のほうが楽なので、副業向きではあると思いますが、上記であげたリスクが伴ってくるので、いきなり最初から1万、2万するような商品を狙っていくのはお勧めではありません。

 

 

 

安いものから取り扱って、個人のスキルが上がってくればこのような商品を積極的に取り扱っていけば、売り上げも一気に上がります。

 

 

 

ただ、単価の安い商品がダメという訳ではないので、昨日の記事を見ていない人はそちらも参考にしてくださいね。

 

 

 

僕も最近は、単価の安い商品も積極的に仕入れるようになりました!

 

 

 

 

商品単価については、個人個人の戦略によってラインナップも変わってくると思いますが、偏るよりかは、バランスよく仕入れてやると売り上げも安定するので良いと思いますよ。

 

 

 メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!